福岡市博多区麦野にある「かきの脳神経外科・内科 クリニック」です。 最先端のMRI・CT設備。糖尿病内科を併設しております。

かきの脳神経外科・内科 クリニック
ご予約お問い合わせはこちら 092-558-9800
2型糖尿病患者におけるインフルエンザワクチンの効果
  • インフルエンザの時期がやってきました。

皆様、インフルエンザワクチンの接種はお済ませでしょうか。

「注射 イラスト」の画像検索結果

インフルエンザのワクチンに、インフルエンザの感染予防だけでなくその他のメリットがあるということご存知でしたか?

 

2型糖尿病患者がインフルエンザワクチンをすることで、年齢や血糖コントロール、糖尿病以外の慢性疾患の合併など関係なく、全死亡と急性心筋梗塞、脳梗塞、肺炎またがインフルエンザ、心不全による入院が減るそうですよ。

2型糖尿病の方は年齢に関係なく、是非インフルエンザのワクチンを接種してくださいね。

 

<ここから難しい話になるので、興味のある方のみお読みください>

 

Effective of the influenza vaccine in preventing admission to hospital and death in people with type 2  diabetes (CMAJ, October4, 2016, 188(14):E342).

・イギリスの臨床施設300か所からなるデータベースから、2003年~2009年の計7年間の18歳以上の2型糖尿病患者のデータを抽出。

 

・年度毎に、9月時点において定期通院している2型糖尿病の患者を登録して、年齢、性別、喫煙歴、BMI、HbA1c、コレステロール、収縮期/拡張期血圧、併存する慢性疾患(心不全、心筋梗塞、脳梗塞、慢性閉塞性肺疾患、喘息、癌、心房細動、慢性腎臓病)、治療内容(糖尿病、高血圧症、脂質異常症、抗血小板薬など)、過去12か月の受診回数、インフルエンザの接種有無と日付、年度内の入院歴を抽出。

 

・エンドポイントは全死亡または入院(急性心筋梗塞、脳梗塞、肺炎またがインフルエンザ、心不全による)

 

結果

・毎年、約67,000~107,000人が登録され、7年間で623,591人年となった。

・イギリスでは慢性疾患のある方に無償でインフルエンザワクチン接種が提供されているため、65歳未満の登録者が毎年度約48.9%を占めていた。

・約63%の人がインフルエンザワクチンを接種

・インフルエンザのワクチンを受けている方は、受けていない人に比べて、高齢で、HbA1cが良く(7.5±1.41 vs 7.9±1.80)、併存疾患も多く、内服している薬も多かった。

・そのため、年齢や性別、併存疾患、糖尿病罹病期間、BMI、喫煙、収縮期/拡張期血圧、HbA1c、コレステロール、治療内容(糖尿病、高血圧症、脂質異常症、抗血小板薬など)、肺炎球菌ワクチンの接種の有無。前年度のインフルエンザ接種の有無内服薬などで補正

インフルエンザ流行期間での

急性心筋梗塞による入院を19%抑制

脳梗塞による入院を30%抑制

心不全による入院を22%抑制

肺炎やインフルエンザによる入院を15%抑制

全死亡を24%抑制

 

過去の研究では、高齢者を対象にしていたり、通年での効果をみているもの、単年~数年と比較的観察期間が短く信頼性が低かった。今回の論文は、7年間のデータを用いていることでウイルスとワクチンの合う・合わない年まで含まれるため、より信頼性が高いと考える。

 

 

 

2016年11月17日
脳ドック MRI検査で早期発見を。予約受付
糖尿病内科
禁煙外来
かきの脳神経外科・内科 クリニック スタッフブログ スタッフが随時更新中!
よくあるご質問 当院についての様々な質問に対する回答を紹介しております。
メディア掲載情報
求人情報 当院では一緒に働くスタッフを募集しています。
まつうら整形外科
診療時間
〈脳神経外科・内科〉
担当医師:脳神経外科専門医 柿野 俊介
脳神経外科・内科 受付時間
〈糖尿病内科・内科〉
担当医師:糖尿病専門医 柿野 聡美
糖尿病内科・内科 受付時間
休診
日曜・祝日・土曜午後